hspの人が楽になる方法

HSPの人は刺激に敏感なので、そうでない人よりも疲れやすいです。

そんなHSPの人が楽になる方法を紹介します。

ツールを使うとHSPの人も少し楽になるかもができますよ!

HSPの人が楽になる方法1 視覚的刺激を減らす

刺激に対して平均的な人よりも反応しやすいHSPの人が楽になるには、視覚的刺激を減らすのが良いです。

例えば、コンタクトやメガネの度を落とすといいです。

わざと視力を落として、余計な刺激を減らしていきましょう。

他にもサングラスや伊達メガネを使用する手もあります。

実際、これで多少は見たくないものを見なくて済むようになるので、HSPの人が楽にするために良い方法です!

休める時はアイマスクやカーテン等を使用して、光を極限まで遮る状態を作り出すといいです。

 

HSPの人が楽になる方法2 聴覚的刺激を減らす

次は耳栓やイヤホンをすることで、聴覚的刺激を減らすことができます。

聴覚的刺激を減らすことで、耳から入ってくる刺激を少なくできます。

イヤホンはノイズキャンセル機能のあるものを使用しましょう。

個人的にはイヤホンをするのはとても楽になります。

雑音が大分軽減されるのを実感しています。

とても助かってるので、周りがうるさくてしんどい人はイヤホンをするのがおすすめです。

 

HSPの人が楽になる方法3 その他の五感について

私は触覚的刺激はそれほど気にならないのですが、これがかなり気になるHSPの方もいるそうです。

なので、肌触りなどを意識した服を着たりするのも良い対策になると思います。

味覚の場合は強い刺激の食べ物を避けたり、嗅覚が敏感な方はきつい匂いを避ける工夫が必要かもしれません。

HSPの人が楽になる方法4 スルースキルを高める

HSPな人の多くはちょっとしたことで悩みがつもりつもっていくことが多いです。

なので、スルースキルを高めることができれば、些細な刺激を無視することができるようになります。

どうやってスルースキルを高めるかといえば、何かが気になった時、これはそれほど気にしたくても大丈夫と思えば、だんだん同じ刺激を過大評価しなくて済むようになります。

〜したらどうしようと思い始めた時、その不安は現実に実現したことはないことがほとんどだと思うので、気にしないでおこうと思えるようにしていきましょう。

また、以前怖そうとか、危険そうだなと思った時でも、実際に触れたりしてみると、全然怖くなかったということはよくあります。

そうやって恐怖を克服していくことができるので、エネルギーがある時に少しずつ恐怖に対面して行くこともHSPの人が楽になるための一つの方法です。

HSPの人が楽になる方法 まとめ

HSPの人が楽になる方法についてお伝えしてきました。

HSPが楽になるには、感覚的刺激を減らすことが大切です。

耳栓やイヤホンが個人的にはかなりおすすめです。

実際、かなり楽になりますし。

あとスルースキルを高めると少し楽に生きれると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました