DRMの教育とは?実際にどうやる?

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)の教育って何さ?

DRMの教育とは読者さんやお客さんとの信頼を構築することです。

DRMの教育段階では、お客さんとの信頼を構築する必要があります。

信頼されれば物やサービスがよく売れるからです。

DRMの教育とは?

DRMは集客、教育、販売の3段階からなります。

SNSやブログからメールの読者さんを集め(集客)、有益な情報などを発信することで信頼構築し(教育)、売る予定の商品を売る(販売)という具合です。

DRMの手順の中にある教育ですが、教育って言葉が悪いので、信頼構築と言い換えた方がいいかもしれません。

集客で集めたメールアドレスへ、テキストや動画で価値を提供することでお客さんと信頼を構築します。

信頼構築するために行うことは基本的に役に立つ情報を提供することです。

その他にも価値観や理念を伝えて信頼を構築することもあります。

共感を呼ぶために生き恥をさらす人もいます。

信頼を構築する目的は信頼された方が物やサービスが売れるからです。

素性の知れない人が言うことよりも、信頼できる人の言うことなら聞いてみようと思うからですね。

見ず知らずの赤の他人が紹介する商品よりも、信頼できそうな人からの方が安心してなにか商品を購入しようと思いませんか?

実際、見ず知らずの人からこの商品がおすすめですと言われても、購入しない人がほとんどだと思います。

というわけで、信頼構築(教育)をした方が効果的に商品やサービスが売れるので、DRMにはこの段階が必要です。

教育ではこれでは不十分で、さらに購買意欲を高める工夫が必要です。

DRMの教育がないと売れない理由

信頼構築(教育)ができてないと売れない大きな理由は先ほどもお伝えした通り、初対面の人のアドバイスに真剣に耳を傾ける人はほとんどいないからです。

例えば、通りすがりの人が「あなたのファッションセンスがひどいので、どこどこの店に行って、コーディネートしてもらった方が良いですよ」と突如アドバイスし、その指示に従う人はいないでしょう。

余計なお世話だと思う人がほとんどですよね。

てかお前誰やねん!と。

なんで見ず知らずの人にコンプレックス指摘されなあかんねん!

けれど、信頼構築がきっちりできていれば、そのような大きな?決断であっても、聞く耳を持ってもらいやすくなります。

その結果、商品の大きな売り上げにもつながるというわけです。

実際にDRMは高額商品を売るのに適したマーケティング手法だと言われることがあります。

DRMの教育って実際どうやるの?

DRMの教育でやることは、信頼に値する人物だと思ってもらうことです。

基本的に人が信頼する時は、あなたの言うことを実践したら本当に成果が出た時だと思います。

読者さんへ小さな成功をしてもらうために、悩み解決方法などを伝えることが大切です。

それだけでなく、本気であなたを成功させようとしている姿勢を見せれば、信頼してくれると思います。

本心からその姿勢を見せてないとボロが出ると思いますけど。

実際、ひどいDRMをしている人もいますし。

実物よりも良い商品だと見せる売り方をしたり、売り方には問題ないですが、商品の質があまりにもひどかったりというのもあります。

この辺は売る方としてもさじ加減が難しいところだと思いますが。

とはいえ、人の大切な人生に大きく関わる商品やサービスならきっちりしないとなとは思います。

それで、実際のDRMの教育の他のやり方としては、メールアドレスを取得してもらうときにプレゼントを渡すようにして、そのプレゼントの質がかなりよければ信頼も貯まると思います。

実際、現場を見るのが一番です。

Twitterのアカウントの固定のところをみると、プレゼントあげるのでメールアドレス入れてください、ってのが良く見つかると思います。

それに自分のメールアドレスを入力すれば、どのような教育が行われているのか確認することができます。

Twitterだけでなく、ブログでも、プレゼントと引き換えにメアドを入れてくださいのようなのを見つけることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました