潜在意識を書き換える方法!ステップごとに解説。

潜在意識を書き換えるために必要な情報をまとめました。

潜在意識を書き換え、目標を達成し、思い描く未来を手に入れましょう。

潜在意識を書き換えるためのステップも後半に記しました。

目標を達成させるには潜在意識を書き換える

自分が熱烈に望む目標を達成するには潜在意識を書き換えるのが有効な手段です。

そのためには、今まで無意識のうちに身についた価値観や常識を一度破壊する必要があります。

人生において大企業に就職すれば安泰だといった考え方や、勉強すれば幸せになれるとか、我慢は美徳だといった価値観を訂正しなければ、今の現状が変わることはありません。

この常識的な共通認識のようなものを顕在意識と呼びます。

しかし、成功や人並外れた成果を残すには、この顕在意識に従った生き方、つまり人と同じようなことをやってれば人並みの成果しか現れないのは自明と言えるでしょう。

顕在意識は成功には無用

顕在意識のうちに自分の可能性を狭めてしまっている人がいます。

たとえば、高校の教師は生徒に「君が狙えるレベルはこの大学だ」と決めつけてしまいます。

これは本当に害悪で、生徒がそれを鵜呑みにしてしまうと、自分の才能ではここまでしか目指せないと思考し、それが現実となってしまいます。

もっと上を狙える可能性は十分にあるにもかかわらずです。

自分の才能では、・・・と、もし考えているのではあれば、この状態は顕在意識の障壁です。

であるなら、このような顕在意識をとっぱらうべきです。

顕在意識は人を可能性を潰し、成功から遠ざかる

学校教育を受けたことのある人ならわかるとおり、一つの分野に特化することよりも、弱点をなくす教育を奨励します。

つまり、みんな同じことが良いこととされ、個性のなさを歓迎します。

このような環境に10数年いたら、いやでもその価値観が刷り込まれます。

オールマイティこそが正義で、得意なことは伸ばすべきでないと、意識的にせよ、無意識下にせよ、洗脳されます。

あるいは、ほとんど多くの学校がそうであるように、成績が良いことこそが最も褒められる行為だとみなされます。

卒業後に全く役に立たないにもかかわらず、その評価軸が成功には必要事項だと刷り込まれます。

そう刷り込まれた生徒は、何か大きな目標に向かって取り組んでいる時に、なかなか芽が出ない時に、自分は学校での成績がイマイチだったから、頭が良くないから、自分には才能がない、と考えます。

現実はそれらはほとんど関係ないのにです。

ではどのようにして打開していくべきなのでしょう。

顕在意識ではなく、潜在意識が重要

ここで、潜在意識に働きかけることで、顕在意識の自分の才能を潰す効果を減らしていくことができます。

潜在意識への働きかける方法を身につけ、顕在意識のネガティブな影響を相殺していくスキルを習得する必要があります。

潜在意識はなかなか変わらないのはなぜ

潜在意識は変えることが難しいと言われています。

その理由はなぜだと思いますか?

それは、潜在意識を変えた経験がない人が大半だからです。

潜在意識が変わった経験があるかないかで、大きく人生に開きが生まれます。

自転車に乗った経験がない人に、自転車の乗り方やのりごごち、もっと早く楽に漕ぐ方法について話をしてもイメージがつかないように、その経験の有無が重要です。

そのため、潜在意識を変えた経験のない人の大半は潜在意識を変えることができないまま生涯を終えることになります。

潜在意識の書き換えの失敗例

潜在意識の書き換えがうまく行かない人の多くは次のようなパターンを取ります。

明日から元彼を見返すためにダイエットすると固く誓います。

数日経過すると、その時のモチベーションはなくなり、楽に痩せれるダイエット方法はないか、インターネットで検索します。

そこでヒットした、飲むだけで痩せる〇〇ダイエットの広告に魅了され購入しますが、数日後飲むだけにもかかわらず、美味しくないということでやめてしまいます。

その時に、自分は生まれつき痩せにくいんだとな、他人のせいにして、自分に責任はないと考えます。

そして、このようなうまくいかない場面を繰り返すと自分には何もできない暗示が無意識下で働き、非成功パターンが出来上がります。

このままでは、本当に変われません。

ではどのようにするとこの無限ループから抜け出し、輝く未来を手に入れることができるのでしょうか。

それには潜在意識への働きかけ方やアプローチの方法を知る必要があります。

その前に顕在意識を再認識する必要があります。

顕在意識を再認識

自分の成功した未来を想像し、輝いた自分と同じような振る舞いや発言をしてもらいます。

例えば、プロスポーツ選手を成功とするのではあれば、実際に活躍し、インタビューされました。

あなたは何と答えますか?

この時、十分に成功した自分がイメージでき、しっかりと成功者さながらの回答ができたのであれば、この段階はクリアです。

ですがたいてい、今の現状と同じイメージを払拭できません。

できる人は1%程度です。

この成功者を演じた時に、さまざまな否定の言葉が浮かんでくる人がほとんどです。

まだ成功してないのにいえるわけない、ばからしい、など、顕在化した自己は語りかけるわけです。

この批判をくぐりぬけ、潜在意識わ書き換えていかねばなりません。

潜在意識の状態を確認する方法

自分の潜在意識の状態を確認するには、まず何か取り組むべき対象に取り組む時の自分同士の会話を見てあげると良いです。

痩せるために今日は4キロジョギングするんだと誓い、いざ走りに行こうとした時に雨が降っていたとします。

この時に、雨だからやめとこうとか、まだやらなくても期間までに痩せられるとか、言い訳を始めて結局行動していないのであれば、潜在意識のセルフイメージはよろしくありません。

ここで実際に出来る自己をイメージし、行動に繋げなければ永遠に成功することはないからです。

潜在意識はセルフイメージの影響が強い

周囲の人の影響は馬鹿にできません。

優秀な成績を収める選手がたくさん在籍するようなチームに所属すれば、いやでも彼らに近づき、その分野で成功するための行動は身についてしまいます。

一方、平凡な人に囲まれていたり、つまらない人と過ごしていれば、必然的に彼らに近い人物像になっていきます。

セルフイメージは周囲の評価できまる

周囲からあなたは出来る子だと思われていり、よくほめてもらったり、成績が良いと思われていたりすると、自分も敏感に感じとり、自己イメージにそれらの印象を取り込みながら、アイデンティティが形成されます。

よく親切だね、と言われる人は、ますます親切になっていきます。

一方、あなたには何もできないと言われ続けたり、誰も期待していないような態度を取られたりすれば、当の本人もそれが自分なんだと考えてしまうようになります。

このようにセルフイメージは自分の認識によって決まるのですが、周囲の評価も大いに影響しています。

そのためできる自分と、自分で思える状態に潜在意識に刷り込んでいく必要があります。

 

セルフイメージは経験がものをいう

セルフイメージは過去の経験の積み重ねで、今のマインドが出来上がっています。

例えば、一度、国語のテストでひどい点数を取ってしまったとします。

ここで、自分は国語が苦手なんだとか、国語の才能やセンスがないんだと思うと、この国語できない自分というセルフイメージが完成します。

ここように一度できたセルフイメージは、さらに次のテストの時に記憶から思い出されます。

その繰り返しで、ネガティブフィードバックループが重なり、さらに悪い自己イメージが定着していきます。

潜在意識を書き換える前に必要なこと

潜在意識を書き換えるのに必要なのが、落ち着いた精神状態を作り出すことです。

批判をしないようにし、むしろやや気分の良い状態が理想です。

そのような状況を作り出すことが、潜在意識を書き換える前の段階で必要です。

セルフイメージが書き変わる原理とは

セルフイメージイメージを書き換えるには、まずは意識的に改善し、いずれは自動的にできる状態を目指します。

自動的に出来る状態とはつまり無意識下でもできる状態のことです。

自転車に乗る時、初めは何度も転んで、意識的に体重をかけすぎたら転ぶんだ、とか考えながら修正していきますが、いずれ意識しないでも上手くなれるようになるのと同じ過程をたどります。

できない自分から出来る自分と思うのことを自動化するわけです。

潜在意識を書き換えるステップ1

まず、どんな時にダメダメな自己批判が働き行動しないかを特定する必要があります。

今日はジムに行く日。

ジムに行く時間になった。

(なんかだるいし、明日にしよ、今日は行かない)←ここ

やるべき行動を起こせてないとこらを特定します。

これが潜在意識を書き換えるためのステップ1です。

潜在意識を書き換えるステップ2

さっき、なんかだるいし、明日にしよ、と考えて行動しないことが問題だと分かりました。

では、ここで、意識的に修正していく必要があります。

最初は辛いですが、慣れれば自動的に習慣化でき、楽にこなせるようになります。

はみがきなんかと同じように。

修正方法ですが、もう無理矢理にでも、自分は今行動しなければ、永遠に痩せれず、誰にも見向きもされなくなり、元彼を振り向かせるどころか、さらに見下されるなどと考え、行動しないことの方が精神的に辛い状態を作り出します。

そうすれば、いやでも行動するようになります。

初めて数ヶ月は辛いですが、目標を達成するためです。

それに加えて、ジムに行ったらこれだけ魅力的な生活が送れるのを想起するとやる気も出ます。

そうやってジムに行くことができる自分というイメージを潜在意識に定着させていきます。

潜在意識を書き換えるステップ3

ステップ3はとにかく、継続!

習慣化が定着するまでは、辛いと思いますが、何としても乗り越えなければいけません。

変わるためには楽なことをして変わるわけがありません。

辛い筋トレをすることで、次はそれよりも強い負荷に耐えれるようになるように、何か身につけるには踏ん張ることは避けられません。

今しんどい時こそ、あなたの潜在意識を変えようとしているんです。

そんな大事業をしているので辛いのは当たり前です。

諦めそうになったら、目標を叶えたらどんな生活ができるのが魅力的にオーバーなくらいに、そして、リアリティたっぷりに想像しましょう。

やり続けようと思うはずです。

他には、その行動や潜在意識を定着できなければ、どれだけ悲惨な未来が待っているのかをこれでもかというくらいにイメージします。

交差点を歩けば、告白されることはまずなく、通りかかる全ての異性にブスだと言われる様子をまさに体験しているくらいの解像度で思い描きます。

それか、最も大切な相手から見捨てられる未来を描きます。

そうしたら、やらないはずないですよね。

このようにして潜在意識を書き換えていきます。

ーモテないLINEを送信している男性必見ー

一言、あなたにはっきりとお伝えします。

あなたがLINEで既読スルーされてしまうのは、
「まだ仲良くなってないのに、仲良くなった後にするべきメールを送ってしまうから」
です。

世の中の95%以上の人は、意中の女性を惚れさせようと必死になって
LINEやメールを送ります。

「飲み行こうよ」
「いつ空いてる?」
「今何してるの?」

好意がバレバレ。
だから、嫌われてしまうのです。

続きを見る

 

未分類
cmをフォローする
cmp

コメント

タイトルとURLをコピーしました