明日受験なのに寝れない!?前日の夕食は?食事や勉強、過ごし方などを徹底解説!どんな言葉をかければいいの!?

「今まで受験勉強をがんばってきた。」

「受験前日の食事をどうしようか、勉強はしたほうがいいのだろうか」

受験前日に寝れない、または寝れないお子さんにどんな言葉をかければいいのか。

また、どんな食事を出せばいいのか。どういった過ごし方をするべきか。

これらを簡単に解説します。

受験前日におすすめの食事

受験前日は、明日受験だからと、張り切って、いつもとはちがう食事をついつい与えてしまいます。

しかし、前日こそいつも通りの食事で、体調を整えるべきだと考えられます。

ここで、体をこわさないため、コンディションを整え、最高のパフォーマンスをできるだけ引き出すための重要な栄養を紹介します。

ブドウ糖

最も、脳を働かせるエネルギーとしてブドウ糖があげられます。

脳などの神経系にとってブドウ糖は重要です。

炭水化物は分解され、ブドウ糖になるので、ごはんやパン、うどん、パスタなどのどれかは食べるべきだと考えられます。

自分も当時、しっかりごはんを食べ、受験に備えたことを覚えています。

ビタミンB1

上の、ブドウ糖の働きを助けるうえでのもっとも重要になるのはビタミンB1です。

ビタミンB1は、納豆、たまご、豚肉、魚などに多く含まれます。

なので、ブドウ糖と一緒に摂取することが重要になってきます。

他にも、消化にいいもの、体を冷やさないものなどを意識することで、体調を崩さずに試験に挑むことができます。

前日にも勉強すべき?休むべき?

「明日受験当日なのに、もうすこし勉強時間が欲しい」

受験勉強をすくなくとも完璧にやったと思える人以外、

ほとんどの受験生は、こう思います。

しかし、ここで無理して勉強をするべきなのか、休むべきなのか悩むと思います。

正直、受験前日に勉強したことが当日に出題されることはほぼないと言い切れます。

というのも、受験とは今までの積み重ねによって成果が出る戦いなので、受験前日に少し知識を増やしたところで、ほぼ無意味である上に、それ自体の定着も危ういと考えられます。

すなわち、受験前日に新しい知識を取り入れるような勉強はするべきではないです。

また、前日にあまり勉強したくない場合は無理してやる必要もなく、精神を整えるべきだと考えます。

もし、精神的になにかやっときたい、勉強しときたいというのであれば、新たな知識を取り入れるような勉強をすることは上記の理由でおすすめしません。

なので、今までの知識の確認や覚えなおしなどに時間を使うべきで、それで精神を落ち着かせるなどのメンタルマネジメントをするべきだと思います。

自分は、当時、ある1科目の勉強が明らかに足りずに、前日になってもその科目を1から覚えようと何時間も参考書を読んでいましたが、それが記憶に残るはずもなく、実際に試験にも出ず、前日に無駄な時間を大量に費やしたことを覚えています。

あの時間は確実に、英単語の覚えなおしなどの軽めの記憶確認をするべきだとかなり反省していました。

以上をふまえて、受験前日は精神状態と照らし合わせて、復習をするのか、休むのかの判断を決定することをおすすめします。

明日受験なのに寝れない!!

今まで、規則正しく、時間通りに寝ることができていたのに、前日になると急に寝れなくなる。

受験前に限らず、何か大きな大事なイベントの前になるとよくある現象としてこれがあげられます。

そういったときに、

「どうせ寝れないなら、その時間がもったいないからすこしでも勉強したほうがいいのではないか」

と考えてしまう人も多くいると思います。

自分もそうでした。

しかし、さきほどと同様にここでやる勉強の意味はほぼないので、ここでは寝られなくても部屋の電気を消して、リラックスして目を閉じるべきです。

実際、眠ることができなくても、目をつぶるだけで、脳疲労は回復するし、よくじつ睡眠とほぼ同効果を得られるので、寝れないことにそこまで深刻になる必要はありません。

どんな過ごし方が正解?

これまで、受験前日の食事について、勉強、そして睡眠についてとりあげていきましたが、結局受験前日に最も心掛けるべきポイントといえば、やはりメンタルマネジメントであるといえます。

受験など、自分が持っているパフォーマンスを発揮する場面では、精神面はそれを決定する大きな要因になります。

なので、どれだけ最良な精神状態にもっていけるかがかなり大事になってきます。

そのため、受験前日の行動はメンタルマネジメントを心掛けて決定していくと、間違いないと思います。

すなわち、今までのとくに勉強、睡眠においては、精神状態がかなり関係してくるので、それに合わせて、自分のメンタルをみつめて、復習するか、休むか、などの決定をしていくことが最も重要だと考えられます。

また、想像よりも堅くならずに、気楽に過ごすべきです。

最後に、どんな言葉をかけてあげればいいのか。

受験前には、家族全体として、すこしナーバスになることがあります。

そこで、どういった言葉をかけてあげるのが最善策かかなりなやむと思われます。

また、受験期はむしろ言ってはいけない言葉なども存在します。

その例として「不合格、落ちる」などを直接的に言うことです。

これを言われた側は、かなりそれを意識してしまうことになり、最悪の場合、勉強中に脳内で反芻することになります。

これだと精神状態が維持できずに、本来なら合格できるのに不合格になるという最悪のケースも考えられます。

それを踏まえて、受験前には、やはりポジティブで前向きな言葉をかけることがもっとも無難です。

いまさら過去のことを言っても仕方がないので、ぜひ最後は、

「おまえなら、大丈夫だ。やれる!」

と背中を押すような言葉をかけてあげることがかなり大事だと考えられます。

受験前日のあなたに!名言集

ここに、受験前日にぴったりの名言をまとめておきます。

〇パブロ・ピカソ

「できると思えばできる、できないと思えばできない、これはゆるぎない、絶対的な法則である。」

〇ペレ

「厳しい戦いであるほど、勝った時の喜びは大きいものだ。」

〇王貞治

「勝つための最善の努力は、どんな時でもやめてはいけない。逃げたらだめなのです。」

〇松本仁志

「100点は無理かもしれん。でもMAXなら出せるやろ」

これらとともに、最後まで、がんばって戦ってきてください!きっと報われます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました