[年齢別]友達がいない!50代!40代!30代!20代後半!10代!高校生!男子!女子!そんなあなたに!

あなたには、「友達」がいますか?

「自分には、友達がいない」

あなたは、孤独ですか?それとも、不安ですか?

そういった悩みを持っているあなたは、安心してください。

50代、40代、30代、そして20代まで!年代別に解決法を簡単に紹介します。

友達がいない50代

最近の研究では、こういった孤独や不安感を抱えるひとが多いものの、案外友達がいないひとは、数多く存在しています。

新成人に一人をみていても、「友達」がいないひとは約8人に一人もいます。

なので、孤独に不安をそこまで感じずに。そして、「友達」に固執せずに、生きていくという考え方をもってもいいのではないでしょうか。

つまり、一人でいることは逆に、友達に邪魔されることがないことがあげられます。

友達がいる人は、なにかやりたいと思い、判断するときに、友達がいることを考えてしまいます。そして、あの人からどう思われるかなどを気にしてしまい、結果的に自分がやりたいことができずに、友達に流されながら生きていくことになります。

一人でいることは、それなりのメリットがあり、やはり自分のやりたいことに専念できることが大きいと思われます。何かを考えるときには、友達がいると、必ずしもいいアイディアが生まれるとは限りませんし、本来は出せる、自分のナチュラルな意見というのが出せなくなってしまいます。

やはり、「友達」といても人生において一人になる時間というのは必ず存在します。そういったとき友達に頼って生きていた人は、自分で考えることがあまりできません。

よく「友達がいないことは悪いこと」のような認識が一般にありますが、「友達」がいなくなることが怖く、おびえている人のほうが問題があると考えられます。

そこで、「友達」がいないといけない人は、孤独をかなり感じ、幸福感をかなりロストしていきます。

ここで、よくまわりから「友達がいないこと」に対して不自然に思われると思うかもしれません。

しかしそういったことを思っているひとはすくなく、実際、家庭の問題であったり、自分の家族状況であったりと、人それぞれさまざまなのです。

そのおかげで、友達のことを考えている暇がない人がかなり多くいます。

逆に、家庭にあまり問題がない人もいて、そういった人は空いた時間を「友達」と過ごすことで、「友達」との絆を深めようとします。

しかしそういった人で、歩み寄ろうとした結果、家庭の負荷の違いを感じてか、雰囲気が明るくならず、結果的に距離をとられようとすることが多くあります。

こういったことから、50代で「友達」がいないことは常識の範囲で普通にあります。

なので、あまり心配せずに、「自分」を大切にすることを心掛けるべきだと思われます。

友達がいない40代

40代では、若いころは「友達」がいた人も、「友達」がいない、減ってきたという方が多くなってきます。

なぜ友達は減っていくのでしょうか。

というのは、40代ともなると、結婚生活などにより、家庭が忙しい状況が当たり前になります。

家庭生活では、妻や夫につきっきりになったり、優先になるので、それだけでも「友達」といれる時間というのを確保するのが難しくなります。

また、子育てに忙しくなったりすると、それだけでもかなり多くの時間を使い、「友達」と一緒に何かをするといったことをしなくなります。というか、する暇がなくなります。

こういった家庭がかなり多くなってくる、むしろあたりまえになってくるので「友達」の数が減っていくのだと考えられます。

 

友達がいない30代

30代も40代にかなり近いですが、30代は、働き盛りになります。それと、40代の理由と同じで、子育てなどにも時間をかなり使うことになり、「友達」と過ごす時間というのが無くなります。

とくに、こどもから赤ちゃんといった時代には、目を離せないので、かなりの時間子育てに費やすことになります。

そういった理由で30代も「友達」がいない主な原因が多くあげられます。

友達がいない20代

「友達」がいないと回答したなかで、もっとも「友達」がいない割合が高いのは、20代で、それも就職や、新生活などが大きく絡んできます。

しかし、20代で友達がいないとなると、すこし不安に思われるかたも多いかもしれません。

実際そういう方はかなりいますが、そこまで不安を感じる必要もないと思われます。

人には、「友達」がいないほうが幸せを感じられるという人がいるということが海外の研究で発表されました。

というのも、自分はかなり共感できて、やはり自分の時間をだれにも邪魔されることなく、使える問うことがどれだけ大事なことかを考えさせられます。

というのも、「友達」を意識して生きていたころは、やりたいことに対して友達を照らし合わせる必要があり、それによって本来の判断とは逆の判断を下すことになることが多々あり、また、楽しくないことに無理やりつきあわされたりします。

この時間できることはかなりあります。

やはり、少ない時間しかない人生、じぶんのやりたいことをすべきだと考えます。

友達がいない高校生

とくに、高校生で「友達」がいないとなると、かなり孤独を感じることになり、不安になると思われます。

自分もそうでした。

しかし、「友達」といるとなんか疲れる・・・

気を遣う・・・

といったひともかなりいます。

また、周りの人は「友達」がいないひとのことに対して何か思っているかといわれると、そういったことはほとんどありません。

なので、特に気にする必要もなく、自分のやりたいことをして、普通にいきていくことが最善だと考えられます。

というか、むしろ「友達」といない人のほうがQuality of Lifeが高いというひともかなり多くいるので自分のやりたいことをやって、若い人生を楽しんだほうがいいと思われます。

ここまで「友達」がいない理由などをお話ししましたが。孤独は不幸なことではなく、むしろ幸せなことなのです。

人生に不安を感じず、やりたいことをやっていきることで、もし「友達」がいたらという世界より幸せな人生をすごせるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました