レオニダス王とは?伝説は?終末の予想についても紹介!FGOや300ではどのように描かれる?

レオニダス王とは?伝説は?終末の予想についても紹介!FGOや300ではどのように描かれる?

レオニダス王とは

レオニダス一世とも呼ばれる、都市国家スパルタの君主を指します。

紀元前540年に生まれ、紀元前480年に60歳で生涯を終えた。

とにかく強い!レオニダス王は王であるにも関わらず、最前線で戦闘し、圧倒的な実力を持っていました。

テルモピュライの戦いでは、十分な自軍を用意できず、死を覚悟したレオニダス王は出陣の際に妻に「よき夫と結婚し、良き子供をうめ」と言ったそう。

まさに王としての資質が垣間見える言動。

王であるにもかかわらず、また、少人数であるのにもかかわらず、善戦をし、テルモピュライの戦いの最中に命を落とした。

レオニダス王は英雄として名声を轟かせた。

レオニダス王の伝説

レオニダス王の伝説の一つは、先ほども紹介した妻への言葉だろうと思います。

この生き様に感動しない人はいないでしょう。

最後まで自分の意思を貫けるこの態度には、私たちの生き方を考えさせてられます。

現代ではこのような過酷な人生を送るような人物は稀だと思いますが、まさに英雄さながらの生き方です。

二つ目の伝説は、スパルタの掟をまっとうした戦い方にあります。

だんじて撤退をせぬ、この掟通りに、いかに戦況が悪化しようとも戦い続けます。

最後まで諦めないスパルタ軍の精神の輝きは時代を超えても感動を呼びます。

FGOのレオニダス王

FGOでのレオニダス王の情報について。

ランサーであるのに、敏捷性が低いのが特徴的。

耐久性は素晴らしいです。

スパルタ王の名に恥じぬ性能だと言えるでしょう。

スパルタ教育の語源ともされています。

彼らほどに強い意志をもった英雄も珍しく思えます。

ネタ役のような扱いを受けているところも面白いです。

性格としては寛容な態度を示します。

王としての資質を兼ね備えています。

不利であればあるほど性能が強化されるのもスパルタ王らしい設定だと思いました。

レオニダス王の300(スリーハンドレッド)

レオニダス王を有名にした映画でもある300。

2006年に上映されました。

テルモピュライの戦いでは、負戦だと承知しながら、英雄的な最後を遂げました。

デルファイの神殿に従わす、戦いを支持します。

この時代の絶対的な権威さえもレオニダス王には無用なのだろうか。

週末のワルキューレでレオニダス王は勝つ?

賛否両論がありますが、レオニダス王には勝って欲しいところ。

実際、テルモピュライの戦いでは負けてしまっていますので、ここでは勝利を収めてほしい。

王でありながら、武闘の才能にもめぐまれ、かつ、並外れた人格の持ち主であるレオニダス王を応援しないわけがありません。

レオニダス王の勝利を願っております。

結果が分かり次第おしえてください。

ーモテないLINEを送信している男性必見ー

一言、あなたにはっきりとお伝えします。

あなたがLINEで既読スルーされてしまうのは、
「まだ仲良くなってないのに、仲良くなった後にするべきメールを送ってしまうから」
です。

世の中の95%以上の人は、意中の女性を惚れさせようと必死になって
LINEやメールを送ります。

「飲み行こうよ」
「いつ空いてる?」
「今何してるの?」

好意がバレバレ。
だから、嫌われてしまうのです。

続きを見る

 

未分類
cmをフォローする
cmp

コメント

タイトルとURLをコピーしました