プロダクトローンチの意味は?やり方は?また詐欺なのか?おすすめの書籍も紹介!

プロダクトローンチの意味ややり方を解説します。

また、プロダクトローンチは詐欺なのか?

学ぶためにおすすめの書籍などについてもお伝えします!

プロダクトローンチの意味は?

プロダクトローンチとは商品やサービスを売るための強力な手法のことです。

それぞれの英単語の意味はプロダクト=製品、ローンチ=打ち上げる、でありプロダクトローンチとは製品を世に送り出すといった意味合いになります。

具体的には商品に興味がありそうなお客さんのメールアドレスを所得し、役に立つ情報をメールで伝えながら、メールアドレスを取得してから数日後に売りたい製品を販売するといった過程をたどります。

メールに限らず、LINEを使って同じように販売されることもあります。

ウェブサイトで直接商品を販売するのではなく、一旦メールやラインを通す部分が一般的な販売方法とは異なります。

メールで良い情報を提供することで、今にもその製品が欲しいと思われ、購買意欲が高まります。

プロダクトローンチのやり方は?

プロダクトローンチには見込み客をあつめ、購買意欲を高め、商品をセールスする三つの段階があります。

まず、商品に関心がありそうな見込み客をウェブサイトやSNS、広告等を用いて集めます。

メールアドレスあるいはラインの登録を促す段階です。

ラインに登録するとプレゼントを入手できます!といって登録を促しているのを見たことがあると思います。

次にメールやラインで購買意欲を高めるために見込み客を魅了させるようなプレゼントや情報を数日間にわたって配信していきます。

そして最後に商品を販売します。

商品を販売するときに限定性を出すことが大切です。

期間限定というのはたとえば、この価格帯で購入できるのは三日間だけです!のように今を流したらお得に購入できないことを知らせます。

ここまでて購入してくれた方だけでなく、購入しなかったお客さんも満足のいく内容にすることが大切です。

たとえば、セールスが終わっても継続的に情報を配信したりすることが挙げられます。

 

プロダクトローンチは詐欺?

プレゼントローンチは詐欺ではありません。

というのも、プロダクトローンチは売るための方法に過ぎないからです。

商品やサービスを売るときに嘘や過大な表現をしたり、売る商品のクオリティがあまりに低ければ、お客さんから詐欺だと思われる可能性があります。

プロダクトローンチは強力な手法であるだけに良心をもって実践する必要があります。

顧客を置き去りにして売ることだけに専心してはいけないということです。

一度だけならこうやって売り逃げできるかもしれませんが、長期的な売り上げを考えると、顧客のことを考えて販売した方が利益が出ます。

なぜなら、新しい見込み客に商品を買ってもらうよりも、すでに信頼関係がある読者さんの方が少ない労力で多く商品を購入してもらうことができるからです。

プロダクトローンチの長所や短所は?

プロダクトローンチのメリット

まずメリットですが短期間で大きな売り上げを狙える点があげられます。

個人であるのにも関わらず、よく月収数千万とか億の売り上げを上げている人の多くはプロダクトローンチを実践しています。

それだけ大きな売り上げを短期間で狙えるのはプロダクトローンチの魅力的なポイントです。

プロダクトローンチのデメリット

デメリットとしてプロダクトローンチをしている間はかなりハードなスケジュールになりやすい点です。

ローンチをしている間は過密な労働を余儀なくされるため、これがデメリットの一つ目です。

もう一つは、うまくいかなかった場合は、広告費などが赤字になります。

そのためいきなり大規模に始まるのではなく、小さな実験を繰り返し、うまくいく関心がもててからやるのがおすすめです。

 

プロダクトローンチを書籍で学ぶ

プロダクトローンチについて本から学びたい人には「ザ・ローンチ」がおすすめです。

ジェフウォーカーさんの書籍で彼がプロダクトローンチを開発したと言われています。

プロダクトローンチの全体像を把握するにはもってこいの一冊です。

価格は一般的な書籍より高いですが、とはいえ書籍自体、学ぶ手段としてコスパが良いので買って損はないかと思います。

 

ーモテないLINEを送信している男性必見ー

一言、あなたにはっきりとお伝えします。

あなたがLINEで既読スルーされてしまうのは、
「まだ仲良くなってないのに、仲良くなった後にするべきメールを送ってしまうから」
です。

世の中の95%以上の人は、意中の女性を惚れさせようと必死になって
LINEやメールを送ります。

「飲み行こうよ」
「いつ空いてる?」
「今何してるの?」

好意がバレバレ。
だから、嫌われてしまうのです。

続きを見る

 

未分類
cmをフォローする
cmp

コメント

タイトルとURLをコピーしました