アルバイトは何語なのか?パートは?英語?それともドイツ語?語源や由来も併せてご紹介!

アルバイトは、一見英語のように見えますが、少し調べていくとそうではないようです。

ここでは、アルバイトは本来何語なのか。

また、英語圏にはアルバイトをどういえば伝わるのかを紹介します。

アルバイトは何語?語源や由来は?

結論から言いますと、アルバイトはArbeitというドイツ語からきています。

これは、期間のが決まっている労働契約である有期労働契約に基づいていて、企業や公的機関から雇用されている従業員や労働者を指します。

しかし、非正規雇用の雇用形態だがアルバイトとすることもあるのだそうです。

日本では、明治時代に学生間でこのアルバイトが使われていた隠語が一般に誤って広まったとされています。

これらを見ると、ドイツ語のArbeitと日本語のアルバイトは同じものを指しているように思えますが、実は、日本のアルバイトは、ドイツ語でJobというほうが近いのです。

つまり、誤用されていたということですね。

英語でアルバイトは何という?

英語では、アルバイトのことはpart time jobと一般的には言います。

しかし、アルバイト=part time jobではないということに注意ですね。

こちらの記事で詳しく紹介しているのですが、要点だけまとめると、

英語では働いている時間によってfull time や part timeという風にわけることに対して、

日本語ではとりあえず慣習的に正規社員ではないけど働いているという場合などにアルバイトといったりするということですね。

要するに、日本語のアルバイトは明確な定義がないということになります。

実際に使われる例文は?

英語では次のような会話がよくあります。

Are you working tomorrow?

(明日はお仕事ですか?)

I gotta work tomorrow.

(明日は仕事なんです。)

I don’t wanna go to work.

(仕事にいきたくないです)

などのように、日本でいうアルバイトであっても、わざわざpart time や full time だとは言わずに、”work”で表現することが普通になります。

パートとアルバイトの違いは?

よく募集広告などで記載されているものでパートと記載されていたり、アルバイトと記載されていることがありますが、それらはいったいどう違うのでしょうか。

ここで、少しそれらも見ていきましょう。

法律上の違いは?

法律上では、パートとアルバイトは区別されてはいません。

パートタイム労働法では、パートタイム労働者のことを

1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者

としています。

パートの語源は?

アルバイトの語源は、上で話した通りドイツ語からきているのですが、パートの語源はどうなのでしょうか。

パートの語源は、英語のpart timerからきています。partは英語で部分のという意味なので、時間的に一部であることをあらわしています。

一般的には、パートは短時間働くことを指し、アルバイトは副業として働くことを指しています。そのため、パートは短時間だけど長期働けるような主婦・主夫やシニアの方が働くことを指し、アルバイトは学生が期間限定で働くことを指すととらえる方が多いのです。

呼び方の違いを気にすることはない

これらパートやアルバイトの厳密な定義がないので、呼び方が違ってもなんら問題ないというわけです。

なので、そこを細かく気にする必要はないので言葉遣いにもなんら支障がないものとなっています

ーモテないLINEを送信している男性必見ー

一言、あなたにはっきりとお伝えします。

あなたがLINEで既読スルーされてしまうのは、
「まだ仲良くなってないのに、仲良くなった後にするべきメールを送ってしまうから」
です。

世の中の95%以上の人は、意中の女性を惚れさせようと必死になって
LINEやメールを送ります。

「飲み行こうよ」
「いつ空いてる?」
「今何してるの?」

好意がバレバレ。
だから、嫌われてしまうのです。

続きを見る

 

未分類
cmをフォローする
cmp

コメント

タイトルとURLをコピーしました